Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

【全文】上野紀子作「ちいちゃんのかげおくり」が辛い…ちいちゃんの死因は○○?

公開日: : ニュース

 

 

先ほど、日本の絵本作家である上野紀子さんが亡くなったというニュースが報道されました。

 「ねずみくんのチョッキ」  「ちいちゃんのかげおくり」 などの絵本を描いており、突然の訃報に多くの人に衝撃を与えています。




 

これは驚きましたね。

「ねずみくんのチョッキ」や「ちいちゃんのかげおくり」は誰もが知っている作品なだけに、その衝撃も大きいです。

 

亡くなったのは78歳とのことでしたが、ちょっと早かったですね。

何か病気でもあったのでしょうか?

 

「ねずみくんのチョッキ」や「ちいちゃんのかげおくり」を紹介していこうと思います。



 

上野紀子さんの作品

 

上野紀子さんの作品といえばたくさんありますが、やはり「ねずみくんシリーズ」や「ちいちゃんのかげおくり」が代表作ではないでしょうか?

 

ねずみくんシリーズ

 

まずはねずみくんシリーズですね。

特にその中でも ねずみくんのチョッキ は記憶に残っている人も多いと思います。

 

ねずみくんが来ていたチョッキが色々な動物に着られていき、最後にはチョッキが伸びてしまうというお話です。

最後の方にはねずみが着るサイズのチョッキを像が着ていたような気がしますねw



 

ちいちゃんのかげおくり

 

こちらは小さい頃に読んでもらったよりも、小学校の国語の教科書で読んだ人が多いでしょうか?

 

3年生か4年生くらいにやったような気がします。

ちょっと記憶が曖昧ですけどw

 

この作品はねずみくんのような作品ではなく、第2次世界大戦を描いた少し重めのストーリーになっています。

 

「かげおくり」って遊びをちいちゃんに教えてくれたのは、お父さんでした。
出征する前の日、お父さんは、ちいちゃん、お兄ちゃん、お母さんをつれて、先祖のはかまいりに行きました。
その帰り道、青い空を見上げてたお父さんが、つぶやきました。
「かげおくりのよくできそうな空だなあ」
「えっ、かげおくり」
と、お兄ちゃんがきき返しました。
「かげおくりって、なあに」
と、ちいちゃんもたずねました。
「とお、数える間、かげぼうしをじっと見つめるのさ。とお、と言ったら、空を見上げる。すると、かげぼうしがそっくり空にうつって見える」
と、お父さんがせつめいしました。
「父さんや母さんが子どものときに、よく遊んだものさ」
「ね。今、みんなでやってみましょうよ」
と、お母さんが横から言いました。

ちいちゃんとお兄ちゃんを中にして、四人は手をつなぎました。
そして、みんなで、かげぼうしに目を落としました。
「まばたきしや、だめよ」
と、お母さんが注意しました。
「まばたきしないよ」
ちいちゃんとお兄ちゃんが、やくそくしました。

「ひとうつ、ふたあつ、みいっつ」
と、お父さんが数えだしました。

「ようっつ、いつつう、むうっつ」
と、お母さんの声も重なりました。

「ななあつ、やあっつ、ここのうつ」
ちいちゃんとお兄ちゃんも、いっしょに数えだしました。

「とお」
目の動きといっしょに、白い四つのかげぼうしが、すうっと空に上がりました。

「すごうい」
と、お兄ちゃんが言いました。
「すごうい」
と、ちいちゃんも言いました。

「今日の記念写真だなあ」
と、お父さんが言いました。
「大きな記念写真だこと」
と、お母さんが言いました。

次の日、お父さんは、白いたすきをかたからななめにかけ、日の丸のはたにおくられて、列車に乗りました。
「体の弱いお父さんまで、いくさに行かなけらばならないなんて」
お母さんがぽつんと言ったのが、ちいちゃんの耳には聞こえました。

ちいちゃんとお兄ちゃんは、かげおくりをして遊ぶようになりました。
ばんざいをしたかげおくり、
かた手をあげたかげおくり、
足を開いたかげおくり、
いろいろなかげを空に送りました。

けれど、いくさがはげしくなって、かげおくりなどできなくなりました。
この町の空にも、しょういだんやばくだんをつんだひこうきが、とんでくるようになりました。
そうです。
広い空は、楽しい所ではなく、とてもこわい所にかわりました。

夏のはじめのある夜、くうしゅうけいほうのサイレンで、ちいちゃんたちは目がさめました。
「さあ、いそいで」
お母さんの声。

外に出ると、もう、赤い火が、あちこちに上がっていました。

お母さんは、ちいちゃんとお兄ちゃんを両手につないで、走りました。
風の強い日でした。
「こっちに火が回るぞ」
「川の方ににげるんだ」
だれかがさけんでいます。

風があつくなってきました。ほのおのうずが追いかけてきます。お母さんは、ちいちゃんをだきあげて走りました。
「お兄ちゃん、はぐれちゃだめよ」
お兄ちゃんがころびました。足から血が出ています。ひどいけがです。
お母さんは、お兄ちゃんをおんぶしました。
「さあ、ちいちゃん、母さんとしっかり走るのよ」
けれど、たくさんの人に追いぬかれたり、ぶつかったりー
ちいちゃんは、お母さんとはぐれました。
「お母ちゃん、お母ちゃん!」
ちいちゃんはさけびました。

そのとき、知らないおじさんが言いました。
「お母ちゃんは、後から来るよ」
そのおじさんは、ちいちゃんをだいて走ってくれました。

暗い橋の下に、たくさんの人が集まっていました。
ちいちゃんの目に、お母さんらしい人が見えました。
「お母ちゃん!」
と、ちいちゃんがさけぶと、おじさんは
「みつかったかい、よかった、よかった」
と下ろしてくれました。
でも、その人は、お母さんではありませんでした。
ちいちゃんは、ひとりぼっちになりました。ちいちゃんは、たくさんの人たちの中でねむりました。

朝になりました。町の様子は、すっかりかわっています。あちこち、けむりがのこっています。
どこがどうなのかー。
「ちいちゃんじゃないの」
という声。ふり向くと、はす向かいのうちのおばさんが立っています。
「お母ちゃんは。お兄ちゃんは」
と、おばさんがたずねました。ちいちゃんは、なくのをやっとこらえて言いました。
「おうちのとこ」
「そう、おうちにもどっているのね。おばちゃん、今から帰るところよ。いっしょに行きましょうか」

おばさんは、ちいちゃんの手をつないでくれました。二人は歩きだしました。
家は、やけ落ちてなくなっていました。
「ここがお兄ちゃんとあたしの部屋」
ちいちゃんがしゃがんでいると、おばさんがやって来て言いました。
「お母ちゃんたち、ここに帰ってくるの」
ちいちゃんは、深くうなずきました。
「じゃあ、だいじょうぶね。あのね、おばちゃんは、今から、おばちゃんのお父さんのうちに行くからね」
ちいちゃんは、また深くうなずきました。

その夜、ちいちゃんは、ざつのうの中に入れてあるほしいいを、少し食べました。
そして、こわれかかった暗いぼうくうごうの中で、ねむりました。
「お母ちゃんとお兄ちゃんは、きっと帰ってくるよ」

くもった朝が来て、昼がすぎ、また、暗い夜が来ました。ちいちゃんは、ざつのうの中のほしいいを、また少しかじりました。
そして、こわれかかったぼうくうごうの中でねむりました。

明るい光が顔に当たって、目がさめました。
「まぶしいな」
ちいちゃんは、暑いような寒いような気がしました。ひどくのどがかわいています。いつの間にか、太陽は、高く上がっていました。
そのとき、
「かげおくりのよくできそうな空だなあ」
というお父さんの声が、青い空からふってきました。
「ね、今、みんなでやってみましょうよ」
というお母さんの声も、青い空からふってきました。

ちいちゃんは、ふらふらする足をふみしめて立ち上がると、たった一つのかげぼうしを見つめながら数えだしました。
「ひとうつ、ふたあつ、みいっつ」
いつの間にか、お父さんのひくい声が、重なって聞こえだしました。
「ようっつ、いつつう、むうっつ」
お母さんの高い声も、それに重なって聞こえだしました。
「ななあつ、やあっつ、ここのうつ」
お兄ちゃんのわらいそうな声も、重なってきました。
「とお」

ちいちゃんが空を見上げると、青い空に、くっきりと白いかげが四つ。
「お父ちゃん」
ちいちゃんはよびました。
「お母ちゃん。お兄ちゃん」
そのとき、体がすうっとすきとおって、空にすいこまれていくのが分かりました。

一面の空の色。ちいちゃんは、空色の花畑の中に立っていました。見回しても、花畑。
「きっと、ここ、空の上よ」
と、ちいちゃんは思いました。

「ああ、あたし、おなかがすいて軽くなったから、ういたのね」
そのとき、向こうから、お父さんとお母さんとお兄ちゃんが、わらいながら歩いてくるのが見えました。

「なあんだ、みんな、こんな所にいたから、来なかったのね」
ちいちゃんは、きらきらわらいだしました。わらいながら、花畑の中を走りだしました。
夏のはじめのある朝、こうして、小さな女の子の命が、空にきえました。

それから、何十年。
町には、前よりもいっぱい家がたっています。
ちいちゃんが一人でかげおくりをした所は、小さな公園になっています。

青い空の下、今日も、お兄ちゃんやちいちゃんぐらいの子どもたちが、きらきらわらい声を上げて、遊んでいます。

 

改めて読むと、結構きついストーリーですよね、、、

最後のシーン、 花畑  離れ離れになっていたお父さんやお母さんが歩いてくる のは、、、

 

当時学校の授業で読んだときはよくわかっていませんでしたが、今ならわかりますね。

恐らくは 栄養失調や飢餓 で、、、

 

昔は「校庭でかげおくりやってみたい」とか思ってましたけど、全然感じ方が違います。



 

 終わりに

 

ちいちゃんのかげおくりのような絵本は読むのは辛いですが、忘れてはいけないことですよね。

 

最後に、上野紀子さんのご冥福をお祈りいたします。

関連記事

【悲報】畑下由佳アナ、V・ファーレン長崎をヴァンファーレン長崎と間違え批判殺到

    現在行われている『富士ゼロックススーパーカップ201

記事を読む

石井マークが離婚!声優同士の結婚は上手くいかない理由があった?

    2016年に入籍していた声優の石井マークさんと榎本温

記事を読む

【比較あり】3DCGと区別がつかない?Sayaそっくりな高山沙織とは?【プロフィール】

少し前に登場した、3DCGで作られたSayaというキャラクターを覚えているでしょうか? You

記事を読む

【悲報】宇都宮パルコが撤退へ、跡地はどうなる?閉店の決定的理由考察

  OLYMPUS DIGITAL CAMERA[/caption] &nb

記事を読む

【悲報】コロプラ倒産確定!社員が850万の自社課金、最果てのバベル以外にも自社課金か

    今日、オンラインゲームの開発・運営を行う「コロプラ」

記事を読む

【炎上】ビビット降板確定!テリー伊藤がガチの老害。女は顔だけ?酷過ぎる差別発言とは?

    7月11日放送の「ビビット」でのテリー伊藤さんの発言

記事を読む

韓国でMERS患者発生!2018年の韓国旅行は辞めるべきか?

こんにちは!ゆうとです!   何やら韓国でMERS患者が発生したそうですね。

記事を読む

【衝撃】世界最高齢は1903年生まれ!?その年の出来事は?田中カ子さんが116歳でギネス認定と話題に

    日本人女性が新たにギネス認定を受けたことが話題になっ

記事を読む

【悲報】オフパコ出会い厨Vtuber、真堂雷斗が契約解除!契約違反の内容がヤバい

    今日、3月8日にデビューした新たなVtuber「真堂

記事を読む

【衝撃】殺人も無罪に?上級国民飯塚幸三が逮捕されない理由が闇が深すぎる

    先日池袋で起きた交通事故。 31歳の母親と3歳

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




  • 現在20代の会社員!

    気になる芸能その他ニュースをまとめて情報発信中です!

    コメントなど頂ければすぐに飛びついていきますのでぜひ!

     

    Twitterの方もフォローよろしくお願いします!

PAGE TOP ↑