いったいいつまで会社員という名の奴隷でいるつもりなの?

公開日: : 最終更新日:2019/03/17 社畜批判

 

 

私は今のところ日本によくいる社畜なわけですが、休みが終わるというのはやっぱり嫌なものです。

性格には、休みが終わるのが嫌というより会社に行かなければならないというのが嫌なのですが。




 

現代の奴隷

 

さて、私たち会社員は毎日毎日月曜から金曜まで会社で働いているわけですが。(人によってはもっと?)

会社員というのはまさに現代の奴隷なんだなあと思うんですよね。

 

何といってもどこかの会社に勤めていると、

 

  • 朝起きる時間は会社に決められてしまう

  • 夜も好きな時間に寝ることができない

  • 休みたい日に休むことができない

  • 一日最低8時間労働

  • 場合によっては残業で数時間プラスで働かされる

  • 休日出勤を命じられて週二日の休みすら奪われる

  • それでいて一か月の給料は生活するので精いっぱいの金額しかもらえない

 

ちょっと考えるだけでもこれだけの制限を受けるわけですよね。

まさに現代の奴隷、あり得ないですよね、、、

 

しかし、現実には日本の社会人の多くはこのような生活を送っているのです。

ていうか送らされているのです。



 

このブログをお読みのあなたはどうでしょうか?

 

日本でもようやく働き方改革が始まっていますが、政府のやり方もてんで的外れです。

プレミアムフライデーなんかとんだ愚策ですよ。

 

月末金曜日は15時帰りましょう!

でも、帰らなくても特にペナルティはありませんよ!

 

これですもんね。

私の勤めている会社では、未だに実施されたことがありません。

こういうのって結局、適度にえさをちらつかせて労働者のガス抜きをすることが目的なんですよね。

月に一度だけちょっと違う環境を作って労働のくだらなさをごまかす。

労働者の不満をごまかすわけです。

そういう意味ではプレミアムフライデーは成功と言えるのかもしれません。



 

本気で定着させようとしたら、実施しない企業にはペナルティくらいでないとだめでしょう。

何の強制力もないんじゃ、日本の経営者がプレミアムフライデーなんて実施するわけがありませんから。

 

話が脱線してしまいましたね。

 

まあ、私たち会社員は企業の手のひらの上で踊らされているわけですよ。

適度にガス抜きしつつ会社の利益を出すためだけに使われている。

経営者にとってはその程度なわけです。

 

ムカついてきませんか?

何で我々の人生をたかだか会社ごときがコントロールしてるんだと。

我々の人生はそんなに安いもんじゃないぞと。

 

いつか私は独立して国や会社に頼らずに生きていくつもりです。

このブログもそのための一歩なわけですよ。

まあ、まだまだ独立できるようなレベルではありませんが、一生誰かにこき使われる人生なんて御免ですからね!

 

 

それでは、お読みいただきありがとうございました!

関連記事

人生の選択肢に就職を入れるのは馬鹿、起業して完全な自由を手に入れよう

「自分の人生は退屈で、面白みもなく大したことない人生だなあ」 そう思って毎日を生きてはいません

記事を読む

明日の関西JR在来線の運行状況詳細!この状況で休みにならないのは異常だよ、、、

明日は西日本ではかなりの大雨が予想されているみたいですね。 琵琶湖線を始め京都線・神戸線の京都

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




  • 現在20代の会社員!

    気になる芸能その他ニュースをまとめて情報発信中です!

    コメントなど頂ければすぐに飛びついていきますのでぜひ!

     

    Twitterの方もフォローよろしくお願いします!

PAGE TOP ↑