嵐の前兆?乳房雲の発生原理をひも解くと驚きの事実が!

公開日: : 科学

今日の夕方、東京や埼玉で乳房雲が観測されました。

丸いボールのような雲がいくつも垂れ下がっているように見え、牛の乳房のように見えることから乳房雲と呼ばれています。

何だか怪しげな雰囲気ですよね、、、

 

実はこの乳房雲、嵐の前兆とも言われるのだとか。

うーん、確かに雷がごろごろ聞こえてきそうな空模様ですよね。

何だかこの世の終わりのような雰囲気です。

 

でも漫画やアニメの世界に出てきそうでちょっとワクワクもしますね!w

 

乳房雲の発生原理

 

さて、この乳房雲ですが、自然現象なので発生原理も解明されています。

ではいったいどんなことがあればこんな雲が出来上がるのでしょうか?

 

この乳房雲、それは雲の中の下降気流と地上からの上昇気流によって生まれます。

下の図を見ていただくとわかりやすいのですが、乳房雲の丸い部分では下降気流が発生しています。

この下降気流が上昇気流とぶつかって、下降気流の部分が丸く形作られているのです。

 

怪しげな見た目に反して、発生の原理はそんなに難しくはないのですね!

 

では、なぜ乳房雲が嵐の前兆と言われるのでしょうか?

 

嵐の前兆?

 

乳房雲が嵐の前兆と言われていることはすでにお話ししました。

アメリカではトルネードの前兆とまで言われており、乳房雲を見たら、建物の中にすぐに避難しないといけないと教えられることもあるのだとか。

 

さて、この乳房雲ですが、発生するのは積乱雲の下です。

積乱雲といえば夕立、嵐のイメージが強いですよね。

積乱雲は寒冷前線上に発生し、雨や雷、時には竜巻を生み出すこともあります。

これが乳房雲が嵐の前兆と呼ばれるようになった理由なんですね。

 

乳房雲、大きな嵐に繋がりやすいのならあまり発生してほしくはないですが、やっぱり怪しげでどこか神秘的で、見てみたいとは思っちゃいますねw

そういえば、今日は秋田の方で大雨だったみたいですが、乳房雲の件と関係があったのでしょうか?

 

 

それでは、今回はこの辺で、

お読みいただきありがとうございました

関連記事

【動画あり】ソユーズが打ち上げ失敗、でも安全性はスペースシャトル以上!?

こんにちは!ゆうとです!   今日、ロシアが打ち上げた宇宙船「ソユーズ」が打ち

記事を読む

ノーベル物理学賞の光ピンセット!一体何がすごいのか?その原理とは?

こんにちは!ゆうとです!   今日は今年のノーベル賞物理学賞受賞者の発表があり

記事を読む

大災害!?チバニアンのように地磁気逆転したらどうなる?その影響は?

今日、千葉県市原市田淵の地層「千葉セクション」を77万年前~12万6000年前の代表地層とし、「チバ

記事を読む

粉末の水素水を実現させる技術とは?その技術を徹底考察!

こんばんは!ゆうとです! ネットを見ていると、”粉末の水素水”とかいう名前からしてすでに矛盾し

記事を読む

no image

【衝撃】学生が発明!乳がんを発見するIoTブラジャーの仕組みとは?

今日、乳がんを早期発見するためのブラジャーをメキシコの19歳の学生が発明したというニュースを目にしま

記事を読む

ブルセラ症の感染源は〇〇!?ブルマでもセーラー服でもなく猫だった?

長野県に住む64歳の男性が、ブルセラ症にかかっていたことが15日にわかりました。 ブルセラ症と

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)




  • 現在20代の会社員!

    気になる芸能その他ニュースをまとめて情報発信中です!

    コメントなど頂ければすぐに飛びついていきますのでぜひ!

     

    Twitterの方もフォローよろしくお願いします!

PAGE TOP ↑